住宅ローンの借り換えで必要になる諸費用を調べてみました

現在のローンよりも金利の低いローンを組む住宅ローン借り換えですが、借り換えに際して色々と必要なものがあります。

その際、準備する書類は大きく分けて3種類に分類されます。

1つ目は現在の住宅ローン返済予定表や免許証などの自宅で保管しているもの、2つ目は役所や勤務先で取得できる印鑑証明書などの書類、3つ目は不動産業者や法務局で取得できる書類になります。

勤務先で取得する源泉徴収票などは比較的用意しやすい部類ですが登記簿などは業者への連絡など時間がかかりやすいです。

ここに挙げたのはほんの一例なので実際に借りる金場合は別の書類が必要になることもあるのでよく確認しましょう。

ここ数年、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを考える人も多いのではないでしょうか。

その際、夫婦や親子でローンを組んでいる場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合にこんな状況が発生するかというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分としていたのが実態は夫が全額返済している場合に借り換え時に単独名義にしなければいけないことがあります。

こういった夫婦などでの連帯債務の借り換えには金利以外に税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、借り換えを行なって受けられるメリットと贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいいケースもあります。

多くの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年からできるケースもあるようですが、1例として、フラット35の借り換えを利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を問題なく進めている方という項目があり、他の銀行も同じくらいの審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには借り換え手数料が必要になったり新規の借入と違い担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくい可能性が高まります。

新規の借入時よりも金利が下がっていればメリットはありますが、最低でも1年間返済をした後に検討しましょう。

住宅ローンの返済は家計を圧迫すると聞きます。

返済額を減らすために今組んでいるローンの金利から変えて毎月の支払額を減らしたいと思いますよね。

ただ、低金利という部分だけを目当てに変えるのはやめましょう。

住宅ローン借り換えは通常のローン借り換えとは異なり登記などで様々な費用が発生しますので、費用を含めて計算してみたら逆に損していたということもあります。

そのため、WEB上の借り換えシミュレーションを利用してメリットがあるかを確認しましょう。

借り換えを実行する判断基準としてよく言われているのが、借り換えメリットが月収以上や50万円以上になった時です。

1度組んだ住宅ローンを他のローンにする住宅ローン借り換えですが新築時にローンが組めたから借り換えも大丈夫と楽観的に捉えている人もいるようです。

しかし、借り換えの審査で落ちることもあるんです。

基本的には職場や年収が変わっていなければ審査に通ることは多いようですがほぼ審査に通ると考えてもいいようですが転職した、年収が下がったという場合は要注意です。

年収や職場が変わっていなくても最初のローン審査時よりも物件の担保評価額が下がり予定していた金額で借り換えができない場合もあります。

他に注意するのは最初の申し込み後にカードローンなど別のローンが増えている場合です。

そのため支払い期日のあるものは必ず期日までに払うようにしましょう。

住宅ローン借り換えに通ると様々な手続きが必要です。

例えば抵当権設定・抹消登記なども行う必要があります。

登記手続きなどの実務自体は司法書士にお願いする形になりますが司法書士を選ぶ権利は申込者側に原則あるので金融機関指定の司法書士以外に自分で選ぶこともできます。

借り換えを行う多くの方はお願いする司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関の指定する司法書士が行うことも多いのでご安心ください。

司法書士を選べるかどうかは銀行機関ごとに違うので確認してください。

他にもローン審査を行うにあたり用意する書類も多いので借り換えメリットが少ないと思ったら行わないという決断もありです。

住宅を購入する際に利用したい住宅ローン控除制度ですが実は住宅ローン借り換えを行なった後でも条件を満たしていれば利用できます。

しかし、この制度を活用するには勤め先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告が必要です。

その際、必要書類が多いので早くから準備を始めましょう。

借り換え後も控除を受けられる条件としては、当初の住宅ローン返済のためという内容と借り換え後の借入期間が10年以上になっているかという2つです。

基本的に私たちが借り換えを行う理由としては借金を返すことが目的ではなく金利を見直すためなので借入額が増えていたりしなければ適用可能なことが多いです。

住宅ローンを初めて組む際に「自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という「現在自動車ローンを組んでいても住宅ローンは組めるの?」という内容です。

結論から言えば可能です。

しかし銀行側では年収によってローンの返済額の上限を決めています。

そのため車のローンの現在の返済額が住宅ローンの借入可能額を圧迫することがあります。

当たり前のことですが自動車ローンをちゃんと返済していないとそもそもローンの借入不可なので気をつけてください。

引用:住宅ローン借り換え諸費用研究!メリット・デメリットは?【手数料比較】

これは住宅ローン借り換えの審査でも同様です。

稀に、現在の自動車ローンを住宅ローンに組み込んで車のローンを住宅ローンに組み込むのを提案してくる業者もいますが違法な方法なので注意してください。

住宅を建てるためには、いくつかローンがありますが、その中でもつなぎ融資という一つのローンをご存知でしょうか。

これは、新しい家を建てるために必要な経費が不足している場合、間に合わせるために、利用する単発的なローンです。

原則として、住宅の完成からローンが始まるようになっているので建てている間は、こういった借入れも視野に入れてもいいですね。

こちらは、通常金利と比べてもとても高く一日毎に計算されるので一刻も早く、本名のローンを組まないと大変な事になります。

なので信頼できる金融機関を探す事を第一とし、今後も長く利用できるように計画をねっていきましょう。

最近では様々な住宅ローンを返済中に失業してしまったら今後の返済はどうなってしまうのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

一番は、慌てずに焦らず今の状況を確認しましょう。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのか理由によっては、退職した後の支給金に大きな差が出るからです。

きちんと手当てが支給されれば、1年間は保証されますので再度、就職するために探しながら返済もしていけると良いですね。

しかしながら、一回でも支払いが滞ってしまうと難しくなるので支払いを最優先にしながら他の事を進めましょう。

将来、新しい家を購入して両親と同居を考えている方に知らないと損をするかもしれない住宅ローンの商品が出回っており、どういったメーカーの商品を選んだら良いのか分らず、迷っているという方がとても多いのが現状です。

どうしても決められないという方はアドバイザーの意見を聞いて、借入れをするという方法も一つですがお金がかかります。

今後も金利などのお金を合わせて払い続ける立場にいますので、有料の相談は受けたくないという方が大半です。

FPの資格を持ちながら仲介者として働く方も多いので、しっかり探せば相談料がかからずにプロに見てもらえます。

後悔しないためにも、いくつか調べておくと良いですね。

住宅ローンを組んでいる方の中には借り換えを考えているご家庭もあるかと思います。

借り換えとは、他の銀行にローンを移す事です。

借り換えをする事で、ローンの返済額が減ったりします。

ですが、借り換えは誰にでも良い物という訳ではありません。

理由は、借り換えには多少の金額が再度かかるからです。

無料で借り換えが出来る金融機関はほとんど0でしょう。

借り換えを検討する時はそういった事も含め、返済金額が解るシュミレーションを利用し借り換えをするとメリットがどのぐらいでるか検討される事をお勧めします。

夢のマイホームを建てたいけど、予算があまりないそういう時は住宅ローンのご紹介です。

規定として融資を得るためには、年齢が決まっているので年齢がいっている方は、申請しても通らない場合が多いです。

ですが親子リレー返済という後継者がいる方の申請であれば、ある程度年齢に制限はありますが申込み可能です。

理由は、申請した二人が同じ時期に返済するのではなく申込みをした二人の年収を合わせ時間をずらして返済するのです。

このような理由で高齢者の方でも借入れ可能なのです。

一つ勉強になったと思って、是非検討してみて下さいね。

マイホームの資金繰りの役立つのは住宅ローンを中古の物件で検討しましょう。

ですが、必ず確認しておきたい点がいくつかあります。

まずは返済期間が新築の場合と比べて短いという特徴があります。

全く新しいものではないので、安全面が考慮されることになり少しでも早く、返済を済ませる必要があるのです。

安く購入できるメリットはありますが、上手に選択しないと月々の負担が大きくなる可能性もあります。

古い物件だと改装することもあるので、その工事費も合わせてどれ位の費用がかかるのか計算しておきましょう。

もしも、住宅ローンです。

ローン申請は、銀行等で受け付けています。

受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。

やはり、最長35年という長い期間、大きな現金を貸すわけですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。

以上の事から、申し込めば確実に通る。

といった様な簡単なものではありません。

通らない方ももちろんいらっしゃいます。

基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が最低ラインと言われています。