リフォームローン審査基準は甘いの?

比較的借りやすいリフォームローンの無担保型とは担保を用意しなくても良いリフォームローンです。

保証人や土地建物などの担保が不要なので手軽に利用出来るリフォームローンと言えるでしょう。

反面、高金利であったり、借入期間が短いことや、限度額の低さなど担保型に比べた場合、不利な点も結構多いです。

故に無担型ローンが適しているという場面は規模が小さいリフォームになります。

持ち家を所有していて、少額のリフォームならば、割と余裕がある人のリフォームであると判断されることが多く審査に合格しやすいといった傾向があるからです。

リフォームローンの口コミで気を付ける点として、評価が高い金融業者が良いとは限りません。

やはり低金利なローンは人気なので多くの人が集中するため審査が厳しいと言われてます。

厳しい審査ですから、多くの人が涙を飲む結果となり怒り心頭状態で悪い口コミを書いてしまうということは珍しくありません。

なので、偏った口コミに流されてローンを選んでしまうと自分に最適の商品を見落としてしまうかもしれません。

特に金融関係の口コミの場合、口コミの件数だけではなくどういった経緯でその評価になったのかという理由が重要なのです。

リフォームローンの選び方は金利だけに拘ってはいけないということです。

借入れ可能な期間についてや、上限金額、保証人や担保が必要か否かなども選ぶポイントとなります。

団信の加入可否や手数料など諸費用についても細かく比較することをおすすめします。

建材メーカーの中には、自社の商品でリフォームした場合金利0%の無担保ローンを組めるといった商品もあります。

リフォームローンはとかく種類が多いので探すのが大変と言う人はリフォーム業者に相談されるのも1つの手です。

リフォームローンの頭金は業者によって様々です。

施工前に頭金を用意する必要がある業者や工事が完了してから一括払いでお願いしますという業者もいます。

金額についてもリフォーム業者によってかなり違ってきますので複数のリフォーム業者から見積もりを取って比べることをおすすめします。

頭金に必要な費用は工事費用の10%から20%くらいが一般的ですが、契約前に資材費を請求してくる業者もいます。

失敗しないためには事前に契約内容を確認することが重要です。

絶対に契約締結前に頭金などを請求する業者は選んではいけません。

知っておくとお得な情報として、リフォームローンの金利相場は市場金利に応じて変動します。

担保の有無によっても金利が変動し最近の相場は有担保型なら1から2%、無担保型なら2から5%が相場となっています。

金利のタイプは大きく分けると2種類あって変動金利型というものと固定金利型というものがあります。

変動金利型は市場金利に伴って6か月ごとに金利が更新されるというローンで固定金利型は市場金利の高下に関与せず、一定の金利を保つローンです。

さらに固定金利型には完済まで継続となる長期固定金利型とある期間内だけ固定になり満了ごとに長期か変動を選択する固定金利選択型があります。

楽天のリフォームローンといえば【楽天銀行などのフラット35(リフォーム一体型)】と呼ばれる商品があります。

住宅を購入するための資金とリフォーム工事用の資金を合わせひとつのローンで合算して融資を受けることができる商品です。

2016年10月からは新商品である【フラット35】リノベが販売開始になりました。

【フラット35(リフォーム一体型)】との違いは何かと言うと5年間または10年間の金利が0.6%引き下げが受けられることになります。

ただし注意があります。

工事前に適合している基準は対象とならないことや楽天銀行などのフラット35Sと併用することはできません。

オリコのリフォームローンは24時間365日仮受付可能な「Webリフォームローン仮受付」が便利です。

来店する手間がなくパソコンから申し込み可能で最短2日という速さで審査結果が送られてきます。

オリコのリフォームローンは固定金利なのですが、保証人や担保、保証料などは一切不要というメリットが大きいです。

オリコのリフォームローンは、改修工事やリフォームに限らずソーラーシステムの設置工事などにも利用できます。

申し込み時の注意点として、Webの仮受付の申し込みの際にはオリコとの提携販売会社やリフォーム会社との契約が必要となり、販売店コードもしくはIDの入力が求められますのでご注意ください。

知っておくと得かもしれないリフォームローン減税について説明します。

リフォームローン減税について簡単に説明するとじぶん銀行の住宅ローンを利用してリフォームをした場合に対象になる減税制度のことです。

減税の対象となるリフォーム工事についてですがいくつかの条件があります。

工事内容は耐震改修やバリアフリー、省エネ工事などで100万円を超える場合にやっと適用されるというものです。

減税申請を行う側についても条件が定められており年収は3000万円以下で返済期間が10年以上という条件のほか、工事完了から6ヶ月以内に本人が居住することなども必須条件となっています。

減税は自己申告制なので確定申告を行わなければ適用されません。

リフォームローンを組むことによって受けることができる控除は所得税を控除することができます。

申告を行う事で当年の所得税からリフォーム工事費の10%が還付されます。

対象となるリフォームの内容と限度額につきましては条件があり定められています。

三世代同居や省エネ、耐震工事の場合は25万円、バリアフリーにするための工事は20万円と決まっています。

控除の共用の要件として自分が所有して住むことや所得が3000万円以下である必要があります。

おすすめのリフォームローンを探すには ランキングサイトを利用するのが簡単です。

ですが、住宅事情は人それぞれで違いますのでネットの情報だけに頼ってしまうのはいけません。

何はともあれ、今の住宅で改善したい箇所を家族で洗い出し、リフォームかかる料金を算出し条件にあうリフォームローンを探しましょう。

費用が高額になるようであれば有担保型ローンが低金利のためおすすめですが、少額で済みそうであれば小回りが利く無担保型ローンがおすすめです。

また、中古住宅の購入と一緒にリフォームをしようと考えている人は一体型のリフォームローンであれば金利を抑えることができます。

低金利でリフォームローンを借りるには担保型のローンを選ぶことです。

リフォームローンには主に担保形と無担保型と呼ばれるものがあり借入期間や額、金利相場等に相違点があります。

無担保型の場合、借入期間は最長で10年から15年で借入れ可能な上、限金額は500から1000万円ですが、担保型の場合、期間は最長35年、上限金額は1000万円から1億円と高額なローンを組むことが可能になります。

金利に関してですが、長期借入の方が期間が長い分低金利になりますので無担保型が約2から5%という利率に対して担保型は約1から2%という低い金利となります。

又、貸付金利タイプでも差があり固定金利と変動金利では変動金利の方が低金利です。

リフォームローン金利比較を効率的に行う時は大手の比較サイトを利用するのが効率的です。

複数の金融機関が掲載されている比較サイトなら限度額や借入れ条件が一目瞭然です。

リフォームローンの金利や審査時間など条件ごとに並び替えすることも可能です。

参考:リフォームローンの審査内容と借りやすさは?【審査通りやすい銀行は?】

サイトによっては金融機関のバナーが貼ってありますのでわざわざ検索する手間が省けます。

最近ではネットのみで開設可能な銀行も普及してきましたので来店不要で銀行へ行かずに利用できるローンが増えています。

リフォームローンのシミュレーションというものは金融業者のHPで試算できます。

検索ウィンドウに「リフォーム」や「シミュレーション」といった言葉を入力すると複数の検索結果が表示されますので、上位のサイトへアクセスしましょう。

返済期間や借入希望額、割合などを入力すると月ごとの返済額が即座に算出されますよ。

個人情報の登録をせず試算することができますのでローンを組もうとしていることばばれてしまうのではという不安を抱く心配はありません。

返済額の計算は難解ですから便利な機能をありがたく使っていきましょう!口コミで人気のアプラスのリフォームローンはTポイントが貯めている人におすすめです。

申込要件として、20歳以上65歳未満の安定収入がある人、返済回数は最長84回(7年)で、融資可能額は10万円以上300万円以内という比較的ライトなローンです。

気になる金利ですが短期融資のため7.20%から14.40%とやや高めの設定になっています。

インターネットでの申し込みが可能なことや保証人・担保が不要で、小規模なリフォームには適しています。

シミュレーションは条件等詳細に設定することができるため、興味のある方は、HPをご覧になってみてください。

リフォームローンでいくら借りられるかというのは、工事をする上で最も大切なことと言えます。

でも、じぶん銀行の住宅ローンと比較して借入限度額は1/10程度しかありません。

リフォームで借入れできる金額は500万円から1000万円という商品が多いです。

リフォームローンの金利というのは2%から5%と高く、返済期間は最長10年から15年と期間が短いため、借入金額がある程度抑えられていないと、返済額がかなり大きくなってしまうのです。

無理のない返済額をきちんとシミュレーションすることがローン組む上で重要です。